FUJII LAW OFFICE

過払い金返還請求

過払い金返還請求
過払い金返還請求とは、今までに、キャッシングやカードローンなどを利用した際に払いすぎていた利息を取り戻すための手続きです。
借金による債務整理と同時に、過払い金についても確認することで本来は支払う必要なかったお金、払いすぎていた利息を返還してもらえる可能性があります。

1.過払い金とは

過払い金とは、債務者(借金をした人)が、本来支払う必要がなかった利息、払いすぎた利息のことを言います。 お金を借りると、金利(貸金に対する利子のこと)がつきます。お金を貸す側が守らなければいけない金利の上限は、「利息制限法」という法律によって、貸す金額に応じて15~20%と決められています。

【利息制限法の金利】
10万円未満・・・年20%
10万円以上100万円未満・・・年18%
100万円以上・・・年15%

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、この利息制限法の上限を超える金利を受け取ることは、法律上できません。
利息制限法の上限を超えた金利を支払っていた場合、すでに返済していた金額が、借金の元本を超えている場合があります。
この場合、この返し過ぎた金額を貸金業者から返還してもらえる可能性があります。

2.グレーゾーン金利について

改正貸金業法が完全施行されるまで、出資法では上限金利が29.2%とされており、その上限を超えた場合には「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」という厳しい刑事罰が科せられていました。
つまり、利息制限法の15~20%の金利を超えていても、出資法の上限29.2%を超えなければ刑事罰は科せられない状態でした。
そのため、貸金業者の大半は、出資法の上限利率である29.2%のギリギリで貸付をおこなっていました。
このように、利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は、本来、民事上では、利息制限法を超えているので違法ですが、刑事罰は科せられないため「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。
貸金業者は、このグレーゾーン金利による高い利率を設定し、法律上は受け取る権利のない高い金利による利息を受け取っていたのです。
借金をしている人が、グレーゾーン金利を支払い続けていた場合払う必要がなかった利息k、過払い金が生じるわけです。

3.過払い金が発生する借金の期間は?

良くいただく質問は、「△△から○年間借金をしている(していた)けど、過払い金はありますか?」という借金の期間に関することです。
じつは、過払い金が発生するかどうかは、ひとつひとつの事例によってさまざまで、何年以上の借金で過払い金が発生する、とは断定できませんが、平均的にみると5年以上にわたり、借金の期間があれば発生している可能性が高いといえます。

4.過払い金の時効について

過払い金について、最も気をつけないことが、過払い金の時効です。
過払い金は、最後に借入もしくは返済をした日から10年がすぎると、時効が適用され、消滅します。時効が成立すると、返還請求をしたとしても、過払い金は返還されません。

過払い金の返還請求をおすすめする方

グレーゾーン金利を長く支払っていた場合には過払い金が発生している可能性が高く、最後の借入および返済から10年以内なら、過払い金の返還請求を行うことができます。
以下のような方も、当事務所に一度、お問い合わせください。資料が残っていなくても過払い金調査は可能です。

  • いつから借り始めたかはっきりしない
  • いつ完済したか分からない
  • カードや契約書が手元に残っていない
  • 取引の期間が短い
  • まだ借金が残っている

じつは、「どうせたいした金額じゃない」と思われていた方が、実際に過払い金の返還請求をしてみたら、100万円以上の過払い金が発生したこともあります。

  • 過払い金はあるかも知れないけど、面倒な手続きはしたくない
  • 借金があること(過去にあったこと)を家族に知られたくない

このような方にも最適なリーガルサービスを用意しています。面倒だから、よくわからないから、と諦めてしまう前に、弁護士にご相談ください。年間200件以上の実績を持つ弁護士が、あなたの過払い金を確実に取り戻します。

平日夜21時まで電話受付
フリーダイヤル0120-244-243受付時間  平日9:00〜21:00 WEB受付24時間対応
平日夜21時まで電話受付
WEB受付24時間対応 フリーダイヤル0120-244-243受付時間  平日9:00〜21:00