債務整理相談無料&最短即日対応

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

藤井法律事務所 | 東京都千代田区 市ヶ谷駅4分

藤井法律事務所

破産・債務整理のことなら藤井法律事務所

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

民事再生(個人再生)とは

  • 持ち家は手放したくない
  • 借金の大部分を免除できる
  • 仕事を辞める必要がない

裁判所を通じておこなう法的手続き

裁判所を通じておこなう法的手続き

民事再生は、住宅ローンとその他の借金(一般再生債権)を分け、住宅ローン以外の借金(一般再生債権)が大幅に減額され分割で払っていきます。
住宅ローンは減額になりませんが、住宅ローン特則を使うことで一括請求を待ってもらったり、返済期間を延ばして毎月の支払金額を減らしてもらったりすることができます。
なお、民事再生の中でも個人のみを対象にした手続を、「個人民事再生」といいます。

破産手続きをしたくない場合に有効な個人民事再生

債務者本人が破産手続きをしたくない場合に債務者本人の収入及び生活資金に基づき、支払期間(基本は3年間、場合によっては5年間)を限定し返済金額を減額して解決する方法です。
その支払金額及び期間は裁判所が決定します。

失業のおそれのない個人民事再生

自己破産をした場合は特定の資格を剥奪されてしまうために該当する資格の場合現職を続けられず失う可能性があります。しかし民事再生にはそういったことはありませんので失業することなく債務整理が可能です。

マイホームはそのままで

マイホームはそのままで

特に住宅を処分してもローンが残る場合、他の債務を前記の方法にて支払いを軽減し、住宅を残す事が目的でこの制度を利用することが多いようです。住宅ローンは原契約通り支払い続ける事が可能ですが、減額される他の債権者の同意が必要となります。

民事再生(個人再生)のメリット

  • 元金を大幅に減額することができる
  • 自己破産のように持ち家を手放す必要がない
  • 借金の理由がギャンブルや浪費であっても利用することができる
  • 自己破産のような職業制限がない
  • 再生手続き開始後の利息は全額免除される

民事再生(個人再生)のデメリット

  • 手続きを弁護士に依頼する費用が必要
  • 民事再生手続きを行うと7年程は新たなローンやクレジットを組めなくなる
  • 住宅ローン以外の借金の保証人に迷惑がかかる
  • 民事再生は手続きが複雑で時間がかかる
  • 5000万以上の借金がある場合は民事再生が適用できない

民事再生(個人再生) Q&A

  • Q1. 個人再生とはどのような債務整理方法ですか?

    一定の額の債務を分割して返済することにより、残りの借金が免責される...

  • Q2. ギャンブルや浪費による借金でも民事再生は可能ですか?

    免責不許可事由がないため、ギャンブルや浪費による借金でも民事再生は...

  • Q3. 弁護士に依頼した後の債権者への返済はどのようになりますか?

    民事再生を依頼すると決意された段階で金融業者への返済はストップする...

民事再生(個人再生)事例紹介

  • 住宅を第一と考えベストな方法を教えていただきました

    40代 男性

  • 借金を借金して返す自転車操業状態でした

    40代 男性

  • マイホームを子どものために残したい

    30代 男性

ご相談からご依頼までの流れ

ステップ1

1. お問合わせ

お電話やご相談お申込みフォームからお問合わせください。

ステップ2

2. 状況の確認とご相談日時の予約

簡単な聞き取りを行います。スムーズな相談を行うために生活状況や現在の借入などをお伺いします。
ご相談日時の予約を行います。

ステップ3

3. ご相談

個室にてご希望をお聞きし、どのような解決方法が可能か検討します。様々な状況を考えた上で弁護士が最適な借金返済手続きを提言させていただきます。

ステップ4

4. 正式なご依頼

正式にご依頼いただいた後、契約書と委任状を作成し写しをお渡します。
ご依頼いただくまでは費用は発生しませんのでご安心ください。

お電話から無料相談

電話番号

借金問題はお一人で悩まずまずはお気軽にご相談ください。
[お電話での受付は平日9:00より17:00まで]

ホームページから無料相談

お申し込みフォーム