債務整理相談無料&最短即日対応

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

藤井法律事務所 | 東京都千代田区 市ヶ谷駅4分

藤井法律事務所

破産・債務整理のことなら藤井法律事務所

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

自己破産Q&A

  1. Q.1

    破産した場合、これからの人生に不都合なことはありますか?

    全くありません。貴方自身が過去の破産にこだわることの方がむしろ問題でしょう。

  2. Q.2

    破産の事実が会社、家族に知られることはありますか?

    原則として、日常生活の中ではあり得ません。但し、勤務先に借金をしている場合は会社が債権者となるため知られることになります。

  3. Q.3

    破産した場合、保証人には迷惑がかかりませんか?

    保証人に支払義務が生じます。

  4. Q.4

    破産した場合に職業の制限はありますか?

    破産及免責手続中は一部の職業(たとえば警備員、保険外務員)に制限がある場合もありますので詳細はお問い合わせ下さい。免責確定後は一切制限ありません。

  5. Q.5

    今後、住宅ローンは組めますか?

    原則として5~7年間はローンを組めない可能性があります。

  6. Q.6

    破産の申立ては住宅を処分しなければならないのですか?

    土地、建物を処分しなくてはなりません。任意整理、個人再生の場合は処分しなくても大丈夫です。

  7. Q.7

    銀行口座は利用出来ないですか?

    通常通り利用できます。但し、借金のある銀行(債権者)は利用はしない方がよいでしょう(口座の差押えの可能性があります)。

  8. Q.8

    選挙権は無くなりますか?

    そのようなことはありません。

  9. Q.9

    海外旅行に行くことは出来ますか?

    管財事件の場合は、免責確定までは裁判所の許可が必要です。同時廃止事件の場合は行くことも可能です。

  10. Q.10

    郵便物はどうなりますか?

    同時廃止事件の場合は、今まで通り届きます。管財事件の場合は、一旦管財人に転送され、必要な場合は管財人が開封の上、内容を調査し、その後管財人より渡されることになります。

  11. Q.11

    ギャンブルや株式投資が原因の借金でも免責されますか?

    原則として認められません。しかし、裁判所が管財事件とした場合、免責が許可されることはあります。

  12. Q.12

    退職金はどうなりますか?

    退職金の1/8が20万円を超える場合、退職金額の1/8相当額を積立て、債権者に分配させられる可能性があります。

  13. Q.13

    免責を得られない場合はどうなりますか?

    破産申立てをして免責を得られない場合は、市区町村の交付する身分証明書に破産者として記載されます。債務も無くなりません。

  14. Q.14

    長期の病気療養中等で破産も債務整理も出来ない場合はどうなりますか?

    各債権者に、その支払えない事情を理解してもらい、病気の回復まで待ってもらいます。その間の対応は弁護士に任せます。詳細はお問い合わせ下さい。

ご相談からご依頼までの流れ

ステップ1

1. お問合わせ

お電話やご相談お申込みフォームからお問合わせください。

ステップ2

2. 状況の確認とご相談日時の予約

簡単な聞き取りを行います。スムーズな相談を行うために生活状況や現在の借入などをお伺いします。
ご相談日時の予約を行います。

ステップ3

3. ご相談

個室にてご希望をお聞きし、どのような解決方法が可能か検討します。様々な状況を考えた上で弁護士が最適な借金返済手続きを提言させていただきます。

ステップ4

4. 正式なご依頼

正式にご依頼いただいた後、契約書と委任状を作成し写しをお渡します。
ご依頼いただくまでは費用は発生しませんのでご安心ください。

お電話から無料相談

電話番号

借金問題はお一人で悩まずまずはお気軽にご相談ください。
[お電話での受付は平日9:00より17:00まで]

ホームページから無料相談

お申し込みフォーム