債務整理相談無料&最短即日対応

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

藤井法律事務所 | 東京都千代田区 市ヶ谷駅4分

藤井法律事務所

破産・債務整理のことなら藤井法律事務所

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

債務整理 よくある質問

任意整理Q&A

  1. Q.1

    任意整理とは何をする手続きですか?

    任意整理とは話合いにより借金の減額をする手続きです。債務者や代理人が交渉により現在の返済契約より...

  2. Q.2

    家族や会社、知人に知られてしまいますか?

    基本的は知られることはありません。ただし、契約書や関係書類を見られてしまった場合は...

  3. Q.3

    自己破産や民事再生、特定調停とくらべて何が違うのですか?

    一番の違いは裁判所が関わるか関わらないかの違いです。任意整理は裁判所が関係せず債権者と債務者や代理人との話し合いの元...

  4. Q.4

    任意整理の流れをおしえてください

    メールや電話にてお問合わせいただき、相談日時を決定します。正式な依頼として弁護士に...

  5. Q.5

    任意整理のメリットとデメリットは何ですか?

    メリット:債権者に和解案を示して返済額を減らす(将来の利息をカットできる)、弁護士が代理人となって...

  6. Q.6

    任意整理はどういったケースに選択できますか?

    原則3年間で毎月支払いをして返済できるケースに選択できる債務整理方法です。金融業者と交渉し...

  7. Q.7

    学生やアルバイトといった状態でも任意整理は可能ですか?

    学生やアルバイト、無職の方であっても「継続的な収入」があれば任意整理を行うことが可能です。減額された借金を...

  8. Q.8

    任意整理をした金融業者以外のクレジットカードは使えますか?

    原則的には使えなくなります。ただし、債務整理を行っていない金融業者に問題なく返済している場合...

任意整理Q&Aをすべて見る

特定調停Q&A

  1. Q.1

    特定調停とはどういった制度でしょうか?

    特定調停とは、裁判所を利用した債権者と債務者同士の話合いによる借金の整理方法です。裁判所の調停委員が条件の...

  2. Q.2

    特定調停をした場合、借金は減額されますか?

    特定調停で借金が減額されるのは利息制限法の上限を超える利息を支払っていた債権者との...

  3. Q.3

    特定調停のメリットとデメリットは何ですか?

    メリット:職場など周囲には知られずに解決できるため迷惑はかからない。法律で債権者は取り立て行為が...

  4. Q.4

    ギャンブルや浪費が原因の場合、特定調停をすることができますか?

    特定調停の場合借金の原因は問われませんので可能です。自己破産の場合はギャンブル、浪費による借金は...

  5. Q.5

    特定調停を行うと取立はストップしますか?

    特定調停の申し立てを行うと、債権者は取立て行為が法律上禁止されているため取立てを行うことが...

  6. Q.6

    特定調停を行うと給与の差し押さえを止めることはできますか?

    特定調停を申し立てると、手続き中は給与の差し押さえなどの強制執行を止めることが可能です。注意したいのは...

  7. Q.7

    特定調停を行うとブラックリストに載りますか?

    特定調停を行うと、個人信用情報機関(ブラックリスト)に事実情報が記録されます。そうなると...

  8. Q.8

    特定調停を行った場合、家族・知人・会社に知られますか?

    特定調停は任意整理と一緒で官報に記載されませんので、基本的は知られることはありません。しかし特定調停は...

特定調停Q&Aをすべて見る

民事再生(個人再生)Q&A

  1. Q.1

    個人再生とはどのような債務整理方法ですか?

    一定の額の債務を分割して返済することにより、残りの借金が免責される制度です。2001年から施行された制度で...

  2. Q.2

    ギャンブルや浪費による借金でも民事再生は可能ですか?

    免責不許可事由がないため、ギャンブルや浪費による借金でも民事再生は可能です。ただ、ギャンブルや浪費が著しい場合...

  3. Q.3

    弁護士に依頼した後の債権者への返済はどのようになりますか?

    民事再生を依頼すると決意された段階で金融業者への返済はストップすることができます。もし債権者から...

  4. Q.4

    民事再生を行うことにより日常生活で制限はありますか?

    民事再生は自己破産と異なり、財産の処分や資格制限といったことがありません。なので民事再生による...

  5. Q.5

    どのような人が個人民事再生を選択することができますか?

    個人民事再生には「1.小規模個人再生」と「2.給与所得者等再生」の2種類があります。いずれも共通している点は...

  6. Q.6

    民事再生を行うと様々な債務も減額されますか?

    税金、罰金、損害賠償等の支払い義務のある債務は減額はありません。また住宅ローンが...

  7. Q.7

    現在求職中です。そういったケースでも民事再生は行えますか?

    個人再生の条件において「将来において継続的に収入を得る見込みがある」ということが必須です。申し立て時点での...

民事再生(個人再生)Q&Aをすべて見る

自己破産Q&A

  1. Q.1

    破産した場合、これからの人生に不都合なことはありますか?

    全くありません。貴方自身が過去の破産にこだわることの方がむしろ問題でしょう。

  2. Q.2

    破産の事実が会社、家族に知られることはありますか?

    原則として、日常生活の中ではあり得ません。但し、勤務先に借金をしている場合は...

  3. Q.3

  4. Q.4

    破産した場合に職業の制限はありますか?

    破産及免責手続中は一部の職業(たとえば警備員、保険外務員)に制限がある場合もありますので...

  5. Q.5

    今後、住宅ローンは組めますか?

    原則として5~7年間はローンを組めない可能性があります。

  6. Q.6

    破産の申立ては住宅を処分しなければならないのですか?

    土地、建物を処分しなくてはなりません。任意整理、個人再生の場合は...

  7. Q.7

    銀行口座は利用出来ないですか?

    通常通り利用できます。但し、借金のある銀行(債権者)は利用はしないほうがよいでしょう...

  8. Q.8

    選挙権は無くなりますか?

    そのようなことはありません。

  9. Q.9

    海外旅行に行くことは出来ますか?

    管財事件の場合は、免責確定までは裁判所の許可が必要です。同時廃止事件の場合は...

  10. Q.10

    郵便物はどうなりますか?

    同時廃止事件の場合は、今まで通り届きます。管財事件の場合は、一旦管財人に転送され...

  11. Q.11

    ギャンブルや株式投資が原因の借金でも免責されますか?

    原則として認められません。しかし、裁判所が管財事件とした場合、免責が許可されることはあります。

  12. Q.12

    退職金はどうなりますか?

    退職金の1/8が20万円を超える場合、退職金額の1/8相当額を積立て、債権者に...

  13. Q.13

    免責を得られない場合はどうなりますか?

    破産申立てをして免責を得られない場合は、市区町村の交付する身分証明書に破産者として...

  14. Q.14

    長期の病気療養中等で破産も債務整理も出来ない場合はどうなりますか?

    各債権者に、その支払えない事情を理解してもらい、病気の回復まで待ってもらいます。その間の対応は...

自己破産Q&Aをすべて見る

過払い金返還Q&A

  1. Q.1

    過払い金は弁護士なら誰に依頼しても同じですか?

    原則的に全ての弁護士は交渉や手続きを行うことができます。しかし金融業者によっては...

  2. Q.2

    自己破産や民事再生だと過払い金は回収できないのでしょうか?

    いずれも過払い金の回収は進めることが可能です。破産はおおよそ99万までの財産までという...

  3. Q.3

    訴訟になった場合のリスクを教えて下さい。

    金融業者と争いが長期に渡るとその分の費用がかかりますが、最終的に過払い金の中から...

  4. Q.4

    当時の契約書をなくしてしまったのですが…

    過払い金返還請求自体が何年も経過した後の請求になりますので、その間に契約書等を紛失していると...

  5. Q.5

    過払い金を請求するとブラックリスト等に登録され,カードは利用できなくなりますか?

    過払い金返還請求を行うことと信用情報機関に記録されることは本来無関係ですが、金融業者によっては...

過払い金返還Q&Aをすべて見る