債務整理相談無料&最短即日対応

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

藤井法律事務所 | 東京都千代田区 市ヶ谷駅4分

藤井法律事務所

破産・債務整理のことなら藤井法律事務所

フリーダイヤル 0120-244-243ウェブ受付は24時間対応!

司法書士と弁護士の違い

弁護士は法律業務範囲に制限がなく司法書士は制限があり、その点大きく変わってきます。
司法書士は法務省から認定を受け、登記・供託を扱う資格です。2003年の法改正により140万以下の債務額につき、簡易裁判所の代理権や交渉権が認められました。

140万円は借金の合計額となる

140万円というのは債務合計の金額です。全ての借金合計が140万を超えた場合、司法書士に交渉する権利、代理となる権利はありません。
140万円以下で任意整理を依頼する場合や過払い金が発生しても140万円以下の場合は司法書士、弁護士どちらに依頼しても基本的には違いはありません。

司法書士の持つ代理権は簡易裁判所に限られており、その他の地方裁判所等では代理権はありません。
そのため任意整理と最初から決まっていれば良いですが、自己破産や民事再生も視野にいれて債務整理を行うという場合は最初から弁護士に相談した方が考えられる手も多いため有利でしょう。

司法書士でも全員ではない

司法書士といっても全員が訴訟代理権を有するわけではありません。
法務省の研修を受け、法務大臣から認定を受けた司法書士のみが訴訟代理権を有し、この代理権を持つ司法書士を「認定司法書士」と言います。

できることとできないこと

140万円超の案件について司法書士は代理権を持ちません。弁護士の場合は本人に変わって全て代行しますが、司法書士の場合は代理ができないため訴訟を起こすのはあくまで本人自身です。司法書士は同行しサポートをします。
提供するサービスが全く異なってくるため、報酬が変わるのであれば納得ですが、実際は報酬が同等だったりそこまで変わらないケースが多いです。

弁護士に扱える法律上の範囲に制限はありません。これに対し、司法書士には扱える権限が制限されています。
依頼する内容が司法書士で扱える範囲であれば問題無いですが、もし権限を超えてしまうような場合は司法書士では交渉も和解もできなくなり、引き継ぎをしなければいけません。

自己破産、民事再生は大きく変わる

自己破産や民事再生は地方裁判所へ手続きをすることから司法書士に代理権がありません。司法書士に依頼した場合、書類の作成までを行ってもらい申し立ては本人が行います。
一方弁護士に依頼した場合は代理権があるため本人に変わって書類提出から申し立てまで代行して行うことが可能です。

また弁護士が手続きを行うと、本人申し立てでは利用できない「即日面接」や「少額管財事件」といった制度が利用できます。
即日面接の場合、申し立てから3,4ヶ月程で借金がなくすことができるので完了までスピーディーです。
これに対し司法書士の場合はこのような制度を利用できないため借金がなくなるまで6ヶ月程度はかかってしまいます。

報酬の違いをどう見るか

自己破産や民事再生の場合は弁護士が代理人となって書類提出から申し立てまで行えるので、司法書士との報酬は差があります。一般的な相場から見て、5万~15万くらいの幅になることが多いですが、慣れない申し立てや裁判所とのやりとりで使う労力、かかる不安を全て任せてしまえる安心感はお金では買えないものです。

上記のことから、債務整理のメリット、デメリットを良く考えて依頼することをお勧めします。

債務整理の関連コラムトップへ

ご相談からご依頼までの流れ

ステップ1

1. お問合わせ

お電話やご相談お申込みフォームからお問合わせください。

ステップ2

2. 状況の確認とご相談日時の予約

簡単な聞き取りを行います。スムーズな相談を行うために生活状況や現在の借入などをお伺いします。
ご相談日時の予約を行います。

ステップ3

3. ご相談

個室にてご希望をお聞きし、どのような解決方法が可能か検討します。様々な状況を考えた上で弁護士が最適な借金返済手続きを提言させていただきます。

ステップ4

4. 正式なご依頼

正式にご依頼いただいた後、契約書と委任状を作成し写しをお渡します。
ご依頼いただくまでは費用は発生しませんのでご安心ください。

お電話から無料相談

電話番号

借金問題はお一人で悩まずまずはお気軽にご相談ください。
[お電話での受付は平日9:00より17:00まで]

ホームページから無料相談

お申し込みフォーム